ネット総合病院の個人輸入

日本での、海外の医薬品を購入することができる、個人輸入を利用される方が増えてきています。ネット総合病院は、そんな個人輸入の注文窓口業務を行っています。注文窓口といっても、実際に医薬品などを取り合う使っているわけではなく、注文を海外の医薬品バイヤーに仲介しているにすぎません。

 

そのために、取り扱っている医薬品に関する詳しい説明などを行なうことができません。ネット総合病院の公式ホームページに掲載されている商品説明は、取扱説明書を日本語訳したものにすぎません。その内容以外のご不明な点に関しては、かかりつけ医などに質問して解決するようにしてください。

 

また、個人輸入では、注文におけるすべての責任を注文者が負うこととなっています。購入した医薬品によって健康被害が出たとしても、その解決は自分自身で行わなくてはいけないということです。ネット総合病院では、たとえ、医薬品の成分が原因でで、健康に害が起こったとしても一切責任を負う音はありません。

 

このように通常のネット通販とは異なる側面を持っていますが、海外の医薬品には、日本にはない有能な物があるこのも事実です。また、同等の医薬品であっても価格が安くすむものもたくさん存在するのです。そのために、日本の方からのネット総合病院への個人輸入の注文の数が増えてきていると考えられています。


このページの先頭へ戻る